FC2ブログ

NPO法人ヒューレック研究会

NPO法人ヒューレック研究会のblogです

宇田川光雄先生「文部科学大臣表彰」受賞を祝う会

昨30日午後6時から千代田区にある「グランドアーク半蔵門」において、宇田川光雄先生の「文部科学大臣表彰」受賞を祝う会が開催されました。

参加140名、全国から参集、NPOヒューレック研究会からは、松丘容明主幹・大蔵智恵子副理事長が、お祝いに参じました。
関係者がレクリエーションのプロが揃っているにしても、洗練された進行には、学ぶところ極めて多くその一端ご紹介します。

第一部 発起人の先生方のあいさつ
  筑波大学 名誉教授 長谷川 純三先生
85歳と思えぬかくしゃくとされた姿勢、話し方と宇田川光雄先生への思いが込められた祝辞でした。
(社)中央青少年団体連絡競技会 会長 松本 零士 先生
  同会に宇田川光雄先生が8年副会長でご活躍された事跡を熱意ある口調で話されました。

第二部 歓談・祝辞・アトラクション
  配布されたプログラムが、至れりつくせりで「次第」はもちろん「プロフィール」「宇田川光雄先生作詩の歌集」「全国からの祝辞」「参加者名一覧」。そして、その歌の合唱からはじまり、祝辞、さらに「テーブル巡回・突然指名スピーチ」しまいは、人形劇ならぬ「貼り絵劇」で笑いと感動のひと時を過ごしました。

第三部 記念品贈呈・謝辞
記念品贈呈は「ノートパソコン」と「第二の人生のスタート」に相応しいもの。「お礼の言葉」を宇田川光雄先生が話されましたが、これがびっくり宇田川光雄先生ならではのものでした。

型通りの挨拶は30秒、ペープサート(うちわ型紙人形劇・でカートリッジ式を宇田川光雄先生が創作したもの)で「日天さん月天さん」を主賓の宇田川光雄先生が演じたのです。

そして、その思いを熱い口調で話され、感動の祝賀会がお開きとなりました。そして、お土産袋 この種「お祝い会」にお土産は余り聞きませんが、袋の中に第二部の全員参加のゲームの種がしかけられていました。

さらに、宇田川先生の思いがご自身が製作された冊子にまとめてありました。
表題は「ペープサートの世界は広がる」そこに「日天さん月天さん」の脚本全文から、これを聞いた小中学生の感想まで集録されていました。

さらに、ご自身の「自分史」もまとめられていました。「文部科学大臣賞・受賞」も偉大なことですが、祝賀会に臨む宇田川光雄先生の人知れぬ事前周到なご準備に敬服すると共に、当日の洗練された進行に感動をしたひと時でした。

有難うございました。

松丘 容明 記
スポンサーサイト
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

躍動する文字と線をめぐって「書のかたちとこころ」

徹底的に解析された文字と線がデザインとなって躍動する岡本光平氏の書の世界。白と黒のみで構成されたその画面は、文字自体の意味や形を超えて、無限に広がる想像力やイメージを呼び起こします。

古代文字からのインスピレーションや自然への感応力、そして墨に託した思いなど、40年にわたる表現の源にせまります
 
講師:岡本光平 

 日時 2009年2月4日 水曜日  19:00~20:30

 場所 新宿住友ビル7階 朝日カルチャーセンター(申込は4階受付にて)

 受講料 会員2940円 ビジター3570円

 問い合わせ  03-3344-1945(朝日カルチャー)

 <講師紹介>岡本光平
1948年愛知県生まれ。65年に毎日書道展に全国最年少で初入選。
京都の大学在学中から、古典の書、古美術、仏教美術を学ぶ傍ら、 真言密教学院で書道講師を務める。空海の研究、古筆墨蹟、仏教美術、 考古学に勤しむ。85年全ての所属・団体を離れ、自由な創作活動に入る。

以来国内はもとよりアジア、ヨーロッパ、アメリカなど海外でも精力的に活動。日本の伝統と実験的な試みを融合させた斬新な所の世界が注目される。また、様々なイベント、知的障害者への創作活動、造形ワークショップなどにもたずさわり”行動する書家”とも呼ばれている。テレビ「ようこそ先輩」「趣味悠々」「たけしの誰でもピカソ」等に出演。

ご興味ある方是非いらしてください。

加藤万季 記
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

2月度定例会「メンターを知ろう」

また、2月度の定例会が近づいてまいりました。
テーマは「メンターを知ろう」という内容で、専門家の先生をお招きしています。

メンターは、豊富な人生経験や職業経験を生かして、後進・後輩のサポートをする立場として社会全体に必要とされている役割です。ヒューレックの諸姉諸兄は、まさにメンターとして悩める若い世代に智恵を授けていただくにあたり、最適な方々ばかりです。

私は、今後は「ヒューレックメンタープロジェクト」を立ち上げ、より一層、ピグマリオンの精神を広げていきたいと思っています。

悩める世代は、人生経験が豊かで、ピグマリオンの心を持った皆さんの支援を必要としています。ぜひ、これを機会にメンターについて共通認識を持てればと思います。

しかし、この記事を読み、「メンターって何?」とお感じになられた方も多いかと存じます。そこで、年齢や立場を問わず、メンターについてわかりやすく講演をしていただくことになりました。

会社で部下との関わりを有意義にしたいとお考えの方にもたくさんのヒントがあると思います。これを機会に一緒に学んでみませんか?

◆テーマ:もっと知ろう・もっとわかろう 『メンター』って何?
    ~あなたの経験で元気になる人、あなたとの関わりで成長する人がいます~

◆日時:2009年2月7日(土) 18:00~20:00 (満員御礼!キャンセル待ち承り中)

◆講師:株式会社統合共育研究所 代表取締役 大野 雅之様

◆会場:日本橋社会教育会館 講習室・第2洋室 地図⇒コチラ
     地下鉄東京メトロ日比谷線 人形町下車 徒歩3分
     地下鉄都営浅草線 人形町下車 徒歩4分

◆会費:1,500円

◆定員:20名

多数の申込が予想されますので、早めにお申し込みください。
参加申し込みはこちらをクリック→申し込みフォーム

何卒よろしくお願いいたします。

羽利 泉 記



To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

新春は「初笑い」から

新年あけましておめでとうございます。
「浅草演芸ホール」の新年のお笑いは、20日で「演目」を切り替えるようです。
トライウエル田島社長のご招待で、20日「浅草演芸ホール」の「寿 当ル平成21年二之席」の観劇の機会を得ました。

夜の部16:40~21:10まで、4時間半、笑いぱなしの「新春“初笑い”」を満喫しました。

その感動の一端をご紹介します。

1.名人は流石

(1)桂 米丸まだまだ元気
大正14年生まれ84歳。見事な話芸でした。
枕は、自分の「心筋梗塞」の話。本題は「団地の物干し、パンツの話」で見事な落ちで流石。

(2)三遊亭 小遊三の流石の芸
笑点の「小遊三」のイメージは、「笑点の役割」からか、「控え目」「芸を前面に出さない」「居るだけ」という印象が強いのですが、今回、僅か「15分」で限られた時間での「創作落語」は見事なものでした。

「枕のひきつけ」「言葉の配列」「リズム・音調」流石真打の芸と感服しました。
2.現代落語 
今回落語家 15人・講談 1人・漫才3組・曲芸1人・バイオリン+α1人
の出演でしたが、「新春お笑い」で時間が10分~15分と限られたためか、落語はすべて「現代
創作落語」でした。
そこで学んで得たことは、「古典落語」の芸を楽しむ客層が少なくなり、「現代落語」にしなくて は、「落語が衰退する」ここで「古典落語と現代落語の調和」が求められていることをひしひし感じら れました。

「文化とは」「言語とは」「コミュニケーションとは」いずれも「是非善悪」ではなく「時代の流れ」そして、次ぎの世代に残したいもの「しっかり心にとどめなくては」感じました。

3.「寿限無」の現代版
そこで登場したのが、ご存知「寿限無」の現代版です。
皆さん「現代版」想像・創造してみてください。なんと「現代は国際交流の時代」相手は「英語」の長い長い名前「A・・ B** C##」とアルファベット順に流暢に・・。国際電話で話します。落ちは?
「ご自分で確かめてください」

4.バイオリンもバ-ジョンアップ  
寄席の「バイオリンの弾き語り」は、「あっは、のんきだねー」(古い?)と昔からありましたが、後半 にこれにタップダンスがつきました。歌とバイオリンそれにタップダンスを踊りながら、最後は、「暴れん坊将軍」のテーマ曲で、しばし拍手がなりやみませんでした。

新春初笑いは、心身ともに健康になりました。
田島社長さんありがとうございました。

萬屋凝蔵記


To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

年頭基調講演報告(その2)

前回の講演内容に続いて、「自己一致と十牛図」参加者の感想が届いています。

1.交流分析を下敷きに「十牛図」を味わう(A.Iさん) 
私は、「交流分析」を下敷きに今日の講座を学びました。ノンクリニカルの交流分析のゴールは、「自律性」と言われております。
「自律とは、自分の脚本から自由になること」。そして「自律性」は、「気づき・自発性・親交の3つの能力が自由に発揮できるようになること」と言われています。これを下敷きに「十牛図」を置きなおすと、非常に分かり易く理解できます。我が身を置きなおすと第8図「人牛倶忘」の位置にあるかなと感じますので、本年は第9・10図 を目標に励みたいとおもいます。

2.自分の足跡再確認(H.Oさん)
今日の講演は、分かり易く、私の足跡を確認することができました。 そして、わたしのやってきたことが間違いなかったことを再確認しました。 このような機会を得たことを深く感謝申し上げます。

3.自己実現を目指して(K.Tさん)
「十牛図」を元に、自分のやってきたことを思いだしながら人生をふりかえると、自分の歩んできた道は、間違いなかったと自己評価できたことは、嬉しかった。これからも「自己実現」に向けて研鑽努力をはかります。

4.分かり易いお話しありがとうございます。(N.Nさん)  事前に「十牛図」の本を読んでいたので、お話が分かり易く、なるほど・なるほどと感心して聞きました。ありがとうございます。

5.人間の本質は同じ(Y.Sさん)
昨年からカソリックの洗礼を受ける勉強をしていますが、「感謝」「愛」等人間の本質は、洋の東西にかかわらず同じという印象を持ちました。

6.「十牛図」に大笑い(K.Sさん)  
今日の予習ということで、昨夜夫婦で「十牛図」を開き、解説を読んで大笑い。先生の講演で、よく理解できました。東洋にこんなものがあったのかと感心し、自分はどの位置にいるかと自問すると、第8図「人牛倶忘」の段階ではないかと自答した次第です。

7.これから「十牛図」の勉強を(I.Oさん) 
遅刻で途中参加しましたが、自己実現を目指していきいます。これから「十牛図」の勉強をはじめます。

8.ミュージカルの歴史に置き直す(T.Oさん)  
「十牛図」は、事前に勉強してきましたので先生のお話しわかり易く伺いました。今どこかは余り拘らず、初心にかえり第一図からと考えています。先ほど「AIさん」が『交流分析を下敷きに「十牛図」考えた』と言われましたが、私はNPOヒューレッ ク研究会の「ミュージカルの15年」を考えました。小学生時代参加の「ゆりちゃん」、加藤万季さんの登場と襷渡しは「輪廻転生」そのものです。

9.このままミュージカルに(M.Kさん)  
心理学の予備知識がない私ですが、黒岩先生のお話は、分かり易くなるほどと思った。「十牛図」 も端的で分かり易く、このまま「ミュージカルの場」設定になるのでは、と思いをはせました。

10.もっと広く交わった活動を(I.Hさん)
「TAの切り口」「ミュージカルの切り口」の紹介がありましたが、私は、「NPOヒューレック研究会」 の理念「ピグマリオン精神」をもっと「広く」「交わる(混わる)」活動をすべきと思われます。
具体的には、2月・月例会「メンター」の実践が求められます。

11.参加できてよかった(Y.Uさん)   
難しくわからないところもあったが、このような機会が得られたこと、友達(中学2年)には考えられない場に参加でき感謝しています。

12.自然に還る(F.Kさん)  
子供の成長に追いつくのが大変。「十牛図」を学んでいろいろ「悟る」機会を得ました。「自然に還ること」「人は一人では生きていけない」「人と人のかかわり方」等 これから学んでいきます。

13.第1図「尋牛」に戻る(M.Mさん)  
「十牛図」を見ると、いつも第1図「尋牛」に戻る自分を見つけます。第4図「得牛」まで行く自分。そして気がつくと第1図「尋牛」に戻る自分。第10図「入てん垂手」を目標に歩んでいきます。

14.目指すは「第10図」(S.Mさん)  
40代なかばになって、もう少し「人生観」みたいなものが固まったらいいなと感じています。妻との間でも、もう少し「心」が伝わっていなかったことを感じることがあります。現在「武道」の稽古に励んでいますが、「十牛図」の「悟り」「自己実現」が極めてわかりやすい「セルフ・トレーニング方法」であることを学び、早速実践してみます。

それぞれの気づきの多い基調講演でした。
黒岩先生ありがとうございました。

To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

年頭基調講演報告(その1)「自己一致と十牛図」

「自己一致と十牛図」
講師:麻布サイコ&カウンセリングクリニック院長
サイコドクター 黒岩 貴 博士


去る18日(日)18:00~21:00・「渋谷区リフレッシュ氷川」において「NPOヒューレック研究会」恒例の新年基調講演が行われ、丑年にちなみ「自己一致と十牛図」をテーマに「黒岩貴博士」より、分かり易く、楽しく、奥深い講演を頂き、終了後の感想も「それぞれの個人・個人の気付きからくる自己実現について」内容の濃い充実したものばかりでした。

内容の項目列挙すれば次ぎの通りです。

1.ピグマリオン効果 
(1)ピグマリオンとは      (2)ピグマリオン効果
 (3)ピグマリオンの実際     (4)ピグマリオンの反論
2.内観法 
(1)内観とは           (2)内観の効果
 (3)内観の実際         (4)内観の反論
3.CBT 
(1)CBTとは          (2)CBTの効果
 (3)CBTの実際        (4)CBTの問題
4.第三のCBT 
(1)第三のCBTとは      (2)第三のCBTの効果
(3)第三のCBTの実際     (4)第三のCBTの反論
5.森田療法
(1)森田療法とは        (2)森田療法の効果
(3)森田療法実際        (4)森田療法の反論
6.十牛図
 (1)尋牛    (2)見跡    (3)見牛     (4)得牛
 (5)牧牛    (6)騎牛    (7)忘牛存人  (8)人牛倶忘
 (9)返本還源  (10)入てん垂手
7.まとめ
 (1)最先端とされている心理療法は、すでに「十牛図」にあった。
 (2)ピグマリオン効果が最も発揮するのは、第十図で実践すること。
 (3)第十図に達することで、
①心の平安ができ ②病が治ってゆき ③自己実現ができる。
 (4)今年は丑年「牛から学びましょう」
   牛乳、バター、焼肉を見る度に思い出してください。

次回は、「エリックバーンは何をつかんだか」の講演をしたいとの、「黒岩貴先生」のお話があり、早速日程調整させていただくこととしました。


To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

新年「創造力部会盛大に幕明け(その3)」

引き続き、創造力部会の参加メンバーのご紹介です。

11.「創造力の権化」棚橋正光さん
 「NPOヒューレック研究会」理事長・棚橋正光さんは、創造力の権化と言われるほど、日々 仕事に生活に、革新を重ねてこられています。々は、これは、DNAによるものと、深甚の敬意を表しています。

ご先祖は「四国の武士」の出、明治維新の際、「榎本武揚」と共に「新しい日本国を創る」と「函館戦争」に参加、その後「北海道で酪農開拓」今でも、「山手線の内側の広さを所有する大地主」で、親戚縁者は代議士・大学学長はじめ、各界のトップに君臨されています。ご本人は、オンワードで「人事改革の先頭」を走り、経済団体から、21世紀の人事管理と衆目を一身に集めました。

NPOヒューレック研究会・理事長に就任後は「山口彰先生の創造力」関係の講座を皆勤。さらに、絶版になった山口彰先生の著書を先生の了承のもと、「全文ワード」に落とし込み、会員に紹介するなど、人の真似の出来ない実績を残してこられました。

さらに、阿部内閣が推進する「イノベーション25」に最初から参画,、「HRCイノベ25」を指針として提示、創造力開発部会の基本哲学・方針を設定されました。「エジソン・アインシュタイン・クラブ」の活動にも、指導者として参加、「糸の不思議」をテーマに、子どもたちに「創造力」をかきたてるワークショップを展開されました。

12.「開発のプロ」小倉利夫さん 
「NPOヒューレック研究会」創設以来の中核メンバー。電気通信大学卒のバリバリのエンジニア。ご存知「写研」に就職し、即開発担当を長年勤続、同社縮小後も、設計・開発を担当今日を迎えています。
NPOヒューレック研究会では、いち早く「ホームページ」を立ち上げて頂いたり、ミュージカルに出演したり、舞台スタッフで支援頂いたり、表に、裏にご支援をいただきました。
今回、中山茂雄創造力開発部長の体調不良から、次期「創造力開発部長」就任が決定、ご活躍が期待されています。

13.「IT・気学の第一人者」金尾文子さん 
小倉利夫さんの後輩、電気通信大学卒業の金尾文子さんは、「ITの専門家」有名「IT産業」のマネージャーを歴任、3人のお嬢様を、お育てになりながらのお仕事には、母の力の逞しさに感動させられます。

金尾文子さんには、20年来研鑽を積まれた「気学の力」が漲っておっれます。すでに、名誉教授くらいの実力の持ち主、ご自分とお子様は勿論、親しい方々の「運気・方位」を診断、就職、転居、旅行を見立ててくださいます。 まさに、「IT・気学の第一人者」として創造力開発を支援してくれます。

14.「謙虚な創造」野田直子さん  前述「小川 博章博士」を「NPOヒューレック研究会」に結びつけて下さったのが「野田直子さん」です。
明治の女性のように、いつも謙虚。2次会では、全員が席につくまでは、決して座らない。
お酒は、注がれると口に運ぶが、人から「いかがですか」と注されるまで呑まない。「いかがですか」も1回、2回は「ありがとうございます」で断る。3回目に「ありがとうございます。」と、いただきます。今は、皆知っていますので、「どうぞ、どうぞ、どうぞ」と3回薦めます。お酒は底抜けに強いのです。

この野田直子さん、ご主人(亡くなった)が特許取得のエンジニア、お子様も発明好きということもあり、「NPOヒューレック研究会」の山口彰先生の創造力開発講座は総て受講。田子島博士の講座、北村公晴先生の講座すべて皆勤という「謙虚な創造」の「優等生」です。3回に分けて紹介しました、メンバー多士済々本年の活躍が期待されます。
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

新年「創造力部会盛大に幕開け(その2)」

引き続き参加者のご紹介です。

6.種創造受賜ります。加藤万季さん
10年前「ミュージカル」支援をして頂き、昨平成20年のミュージカル企画構成の支援をしいただきました。今年もミュージカルでご支援頂きます。ご自身「書」の芸術家。昨年は、所属団体の「パリ書道展」の開催を企画。また「香瑠鼓さん」のワークショップに参加「ボランティア活動」に参加されています。お仕事は、現在(株)「ブリックス」にお勤め。イベント企画・講師依頼・なんでもご相談下さい。。
【ホームページアドレス:http://www.bricks-japan.com/ 】
また、HIPHOP >HIPHOP CHAMPIONSHIP日本事務局 もやっております。
http://www.hip-hop-japan.com/ 参照下さい。

7.「ビジョンクリエーター」北村公晴さん
ヒューレック研究会:第1期・読売カルチャー講座修了生。
平成20年「HRC創造性講習会講師」 4月「折り紙発想法」5月「曼荼羅発想法」6月「夢発想法」を開講されました。お仕事は、「エル・キムヤ・北村」(代表)
①画家 ②造形 ③宝飾作家 ④ビジョン・クリエーター::季節毎に「装身具展」を開催。発想法講習会を開催されておられます。

8.「創造的介護」小西伸彦さん
NPOヒューレック研究会創設以来の重鎮。副理事長10年勤め、後身に「襷渡し」。一方自然随順部会長として、15年間・年3回のツアー企画・引率を総て指導。さらに「ミュージカル公演連続14回出演」の事跡は、前人未踏のの輝かしものです。
現役時代は、「オリンパス」各営業所長・人事部長を経歴・退職後は、「NPO山の手まごころサービス(代表)」を勤められ、(①介護保険事業 ②自立支援事業 ③助け合い事業 ④行政受託事業 ⑤福祉移動サービス ⑥研修事業 ⑦ふれあいサロン)新時代の創造的介護に挑戦されておられます。
まさに、団塊世代・その次・次ぎ・・の世代の模範となる、「生き方」の足跡・姿勢といえましょう。

9.「旅の創造・生き甲斐の創造」田島 和江さん
NPOヒューレック研究会との関係は、1993年5~6月「長寿の秘境フンザ旅行」実施以来のご縁です。この旅行も山口彰先生の基調講演に触発され、全く無縁の「フンザ旅行」を田島社長の情報を駆使した「旅行の創造」があったればこそ実現しました。この旅行には「小西伸彦さん佐藤晋一さん松丘容明の3名が参加しました。その後「山口彰先生のプラン」による「ツアー」が旅行業界のツアー・オブ・ザ・イヤーに入選・受賞3回「アイディア企画特別賞」受賞の金字塔をたてました。
お仕事は、㈱トライウエル・インターナショナル(代表取締役社長)
(ホームページアドレス:http://www.polarcruise.jp )
特徴は、提案・テーマ型旅行の商品作りを得意とし、個性的な旅企画には定評があります。。
2007年1月には、日本の旅行会社で初めて「南極点への旅」を企画。常に世界中からユニークな企画を探り、次世代の新しい「感動の旅」を模索。現在は、極地「南極」「北極」を心に商品を販売。本年初には「三越・本店」で「2000万円南極ツアー」を展示、TVにも放映されるほど脚光をあびました。

10.「マーケッティングの創造」館野真一さん
NPOヒューレック研究会とのご縁は、2001年(平成13年)11月「エリアマーケッティングの実際」翌年2月「ロジカル意思決定(実践法)」の講演をしていただいてからのご縁です。
その後「マネジメント部会長」に就任ご活躍いただいています。
また「エジソン・アインシュタイン・クラブ」のスタート時には、子ども向け「創造力開発講座」のカリキュラム創りにご提案頂くなど、創造力開発そのものをお仕事にされています。
お仕事は、㈱データム (代表取締役社長)(1)アンケート調査分析事業(2)意思決定支援ソフトの開発・販売及びサポート事業をされています。
(ホームページアドレス::http://www.dtum.co.jp )

次回に続く
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

新年「創造力部会盛大に幕開け(その1)

1月11日(日)午後6時から「NPOヒューレック研究会・創造力開発部会・新年研究会」が「渋谷区リフレッシュ氷川」で開催され、新年にふさわしく大きな盛り上がりを示しました。当日のトピックは、次の通りです。

1.参加者多士済々15名
創造力開発部会は、1996年(平成8年7月22日)に飯能部会でスタート、以来研鑽に励み、2004年(平成16年)「エジソン・アインシュタイン・クラブ」の文科省が推進する「子どもの居場所つくり」に参加し、「100回以上」の講座を開講、数々の成果を収めてまいりました。

その中核を担う創造力豊かなメンバー多士済々15名が参加しました。

2.小川 博章博士10年ぶりご参加
中でも、特筆大書されるのは、小川博章博士のご参加です。先生には、1997年(平成9年)3月に「自然治癒力を高める法」の講演を戴いて以来の12年ぶりの再会で、一同感激ひとしおでした。

博士は、近々「著書」を出版される予定で、草稿をご紹介戴き、常に変わらぬ「生き方」「情熱」に、また「新しいエネルギー」を戴きました。

3.荒川頼久社長・藤内 重幸社長自信満々  
アインシュタイン・クラブ」の2大支柱の一つであります「機器開発(内容等分丸秘)」担当の、「荒川頼久社長・藤内 重幸社長」は、「開発は自信満々」これを有効に使用する「マーケットの開発をお願いするとの力強い「要請」に参加者「知恵」と「顧客の創造」に決意を新たにしました。

4.大蔵智恵子さんの偉業
もう一つの柱「スマイルトレーニング・セルフコントロールメソード」の開発の指導者大蔵智恵子(NPOヒューレック研究会・副理事長・ミュージカル部会長)さんの偉業も紹介されました。「縁尋奇妙」のご縁の不思議は、25年を経て本日の成果に結びついた「一つの物語」と参加者はもとより人々に感動を与えました。

5.ミュージカル創設の斉藤千恵子さん
この大蔵智恵子さんと、ミュージカルを創設したのが、斉藤千恵子さんと小石川環さんの3人。1993年(平成5年)1月の山口彰先生の新年基調講演「愛の心と人生」のお話を聞いて、修了後の「2次会」で「この内容をミュージカルにしよう」と提案。実現してしまったのです。

そして、山口彰先生は、40年間講演をしてきたが、講演内容を「演劇・ミュージカルにしたのは・NPOヒューレック研究会だけ」とお褒めの言葉をいただきました。斉藤千恵子さんは、お仕事でも、子育てでも、家庭生活でも、創造力を遺憾なく発揮されて、成果に結びつけ、人々に感動と手本(成功事例のモデル)

「エジソン・アインシュタイン・クラブ」の創設趣旨に、この「創造力の開発」とは「理科・科学」に限 定することなく、広く「潜在能力を触発」創造力を開発することを目標とすることを明記しました。
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

2月度月例会で「メンター」を学ぶ

ご無沙汰しています。羽利です。

年初、加藤万季さんから熱いメッセージが届き元気が出ました。
万季さん、ありがとうございます!

万季さんのメッセージにもありましたが、ヒューレック研究会ではタスキ渡しという言葉を頻繁に聞きます。15年間でたくさんの諸姉諸兄が研究会で学ばれ、創造的な活動を続けてこられました。
皆様からタスキを渡されながら、私自身が成長できたことにとても感謝しています。

そして、もっと多くの方が、人生経験が豊かで、ピグマリオンの心を持った皆さんから、今の時代にあった支援を受けることができれば、心豊かな人生を創造していけると思います。

そこで、会員の皆さんは「メンター」と言う言葉をご存じでしょうか?
知ってるようで知らない、知られているようで知らない「メンター」について皆さんも、一緒に学んでみませんか?

また、会社で部下との関わりを有意義にしたいとお考えの方にもたくさんのヒントがあると思います。これを機会に一緒に学んでみませんか?

◆テーマ:もっと知ろう・もっとわかろう 『メンター』って何?
    ~あなたの経験で元気になる人、あなたとの関わりで成長する人がいます~

◆日時:2009年2月7日(土) 18:00~20:00

◆講師:株式会社統合共育研究所 代表取締役 大野 雅之様

◆会場:日本橋社会教育会館 講習室・第2洋室 地図⇒コチラ
     地下鉄東京メトロ日比谷線 人形町下車 徒歩3分
     地下鉄都営浅草線 人形町下車 徒歩4分

◆会費:1,500円

◆定員:20名

多数の申込が予想されますので、早めにお申し込みください。
何卒よろしくお願いいたします。

To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

ヒューレックの”CHANGE”

2009加藤万季さんからの新年のメッセージメッセージが届きました。

1.今年の箱根駅伝から学んだこと「総合力の勝利」
 それぞれの力が終結して発揮されたときのパワー。
 そのためには、個々が自分を知り、自分を活かせること。
 自分は何が出来て、何がしたいのか、何で力が発揮できるのか。

2.ヒューレックは、素晴らしい人材の宝庫だと思います。
 それが、まとまって力を発揮したときすごいことがおきるでしょう。
 宝の持ち腐れにならないように、一人一人の優秀な人材が「タスキ渡し」のために自ら進んでたってくれたらすごいことになるでしょう。

3.使えたら取り入れて
 以下は、私がダンスのNPO(申請中)で事業を進めるうえで勝手に考えたプロジェクトですが、よろしければ、ヒューレックで使えそうなところだけでも取り入れてみていただけたらと思います。

-------------------------------------------------------
「未来へのタスキ渡しプロジェクト」
今、あなたは何が出来ますか?わたしは何が出来ますか?
一人一人が真剣に自分と向き合い、未来を考えよう!
20年後、30年後の日本に、地球に あなたは何をコミットできますか!
今だけを見ていてもダメです。20年後.30年後老人大国となっている日本。
その時、時代の中心にいるのは誰ですか?そのとき政治を動かしているのは誰ですか?
今の若者、そして子供たちです。

今、目先のことだけにとらわれていては未来へのタスキ渡しは出来ません。
美しい環境と、心豊かな人材を未来に残し育てるために、今あなたは何が出来ますか?
そして、私は何ができますか。

あたえてもらうことが当たり前の世の中、してもらったことに感謝し、今度はそれを
恩返しすることの出来る人材を未来に送りたいと思います。

感謝をえたら、お返し還元次につなぐ、それが又“タスキ渡し”になると思いませんか?
1人1人の力は小さいけれど、点がつらなり、線になり、面になり立体になる3次元から4次元へ、“未来へのタスキ渡し”にあなたの力が必要です。

知識、技術、人的支援、金銭的支援、人脈的支援何でも結構です。

自分と向き合って、今 あなたに出来ること、私に出来ることご協力ください。

---------------------------------------------------------
まとめ

2009年”CHANGE”がキーワードでしょうか。
2010年~2012年 次元上昇。

もう一波乱、二波乱あたった後、21世紀は落ちついていくように思えます。
その中でもう一つ”BALANCE"という言葉が見えました。
バランスの見直し。色々な状況、立場での”バランス”の見直や立て直しのことなのでしょうか???

自分でも良く分かりませんが、今 私の中には”CHANGE”と”BALANCE”が並んで存在しています。そのうち何を意味しているのか見えてくるでしょう。そんなわけで 長くなりましたがヒューレックの”CHANGE”2009新たなスタートに希望の光を感じた 加藤でした。

テーマ:イノベーション - ジャンル:ビジネス

To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

「NPOヒューレック研究会・創造力開発部会」開始時間の訂正

緊急にご連絡です。

さきにご連絡の「新年創造力開発会議」の開始時間が「9:00~21:00」となっておりましたが、「午後6時開始」の誤りでした。

謹んでお詫びと「訂正」のご連絡を申し上げます。

�.日 時:平成21年1月11日(日)18:00〜21:00
�.場 所:「渋谷区リフレッシュ氷川」
Ⅳ.内 容:
  1.初めてご参加の方々のために
    NPOヒューレック研究会・創造力開発の今までとこれから
  2.お互いを知ろう
    私はこんな人
  3.「スマイルトレーニング・セルフコントロールメソード」のあらまし。
   (1)なにが素晴らしいか
   (2)トレーニングの幾つか
   (3)あなたの笑顔度は
   (4)アルファー波って
   (5)これができると
  4.どこに活用できるか
    (1)マーケッティング志向
    (2)ビジネスモデル   
   5.「イノベーション25」
   (1)「イノベーション25」とは
   (2)「HRCのイノベ25」
   (3)「宝は沢山ある」
  6.創造的「ミーテイング」
    創造的名刺20枚ご持参下さい。
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

新年 基調講演会のご案内

 「自己一致と十牛図」
~エリックバーンは何をつかんだのか?」~ 


NPOヒューレック研究会の皆様へ<新年 基調講演会のご案内>

 新年基調講演会は、昨年のミュージカル第1部で講演を頂き、テレビにご出演、著名人のカウンセリングから治療をされている サイコセラピストであり、ご自身「麻布サイコ&カウンセリングクリニック院長・サイコドクター」である「黒岩 貴博士」の講演です。                    

(講 師)  黒岩 貴 先生   (麻布サイコ&カウンセリングクリニック院長・サイコドクター)
(日 時) 1月 18日(日) 18時00分~21時

(内 容) 
「ピグマリオン精神」をメインに毎年「新年基調講演」を続けてきました。
本年も、主題は同じですが、「難しいことを易しく、易しいことを楽しく、楽しいことを奥深く」話して戴ける 「講演の名人」黒岩貴先生の「新年基調講演」です。

これから「第16回ミュージカルのテーマ」が創出されます。
「十牛図」は今年「丑年」にちなんだ「キーワード」です。初耳の方「ホームページ」ご参照下さい。
www.kodaiji.com/entoku-in/tencows/cowflam.html

(会場)
「渋谷区リフレッシュ氷川」
JR渋谷駅「新南口下車」5分・並木橋交差点・恵比寿寄り・ライフの手前
(参加費)1000円

(今後の予定) 
 1月11日(日)創造性開発研究会、2月7日(土)、3月7日(土) 原則:第1土曜日に開催


 


To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

新しき年に福を招く願いをこめて装身具展のご案内

NPOヒューレック研究会の皆様へ

昨年 4月「折り紙発想法」5月「曼荼羅発想法」
6月「夢発想法」の「発想法講座」の講師をされた
北村公晴さんが、 装身具展を開催します。
北村公晴さんは、「読売カルチャーセンター講座」第1期生です。
作品に、「詩」がつき「感動的・題名」がついてます。男性のアクセサリーもあります。

第17回 北村公晴 装身具展   
    2009年1月20(火)~31(日)
     新しき年に福を招く願いを込め
 宝飾画の小品と、夢あふれる創作ジュエリーを、
      皆様に輝かしい春風を運ぶ

   ペンダントブローチ「女神の微笑み」と共に
    ご高覧を心からお待ち申し上げます。

会場  弥屋ギャラリー:YAYA GALLERY
              TEL(03)3580-8088
  帝国ホテル本館 地階 アーケード ミキモト真珠店2軒隣
  開店時間 平日10:00~19:00 日祭日10:00~17:00
  但し 初日12:00開店 最終日 15:00閉店とさせていただきます。
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

「NPOヒューレック研究会・創造力開発部会」新年会開催のご案内

20年度の「創造力開発部会」は「全子連」が推進する、「スマイルトレーニング・セルフコントロールメソード」の具体的展開を「エジソン・アインシュタイン・クラブ」が主体で実施しました。
年末には、「荒川プロジェクト」で「設計図」(内容極秘)まで完成、今後いかに発展させるべきかの「大きな期待」を持たれています。
これらを踏まえ、是非、皆様のアイディアを結集、「ビジネスモデル」の完成まで持ってゆきたく、奮ってご参加下さい。
Ⅰ.日 時:平成21年1月11日(日)9:00~21:00
Ⅱ.場 所:「渋谷区リフレッシュ氷川」
Ⅲ.参加者:NPOヒューレック研究会・会員・友人知人ご家族どなたでも
       本ブログご覧の上参加の方は、メールで申し込みください。
Ⅳ.内 容:
  1.初めてご参加の方々のために
    NPOヒューレック研究会・創造力開発の今までとこれから
  2.お互いを知ろう
    私はこんな人
  3.「スマイルトレーニング・セルフコントロールメソード」のあらまし。
   (1)なにが素晴らしいか
   (2)トレーニングの幾つか
   (3)あなたの笑顔度は(その場で測定します)
   (4)アルファー波って(測定器で測定します)
   (5)これができると
  4.どこに活用できるか
    (1)マーケッティング志向
    (2)ビジネスモデル   
   5.「イノベーション25」
   (1)「イノベーション25」とは(
   (2)「HRCのイノベ25」
   (3)「宝は沢山ある」
  6.創造的「ミーテイング」
    創造的名刺20枚ご持参下さい。
  7.会費 1000円(新年会費)
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
昨年は、素晴らしい年でした。

創造力開発部会の「エジソン・アインシュタイン・クラブ」の活動も、「スマイルトレーニング・セルフコントロールメソード」という新境地の開拓と実践を見事なしとげ、子どもたちにも喜んでもらいました。

また、ミュージカル部会も、加藤万季さんとのご縁で、2部制という初の挑戦も見事乗り切り、さらに世界的振付師「香瑠鼓さん」のご参加を得て、舞台客席一体となった「踊り」にお客さんも大満足、「自画自讃会」で、一同大満足でした。

平成20年「NPOヒューレック研究会」は素晴らしい年でした。
これ偏に参加者は勿論、指導して頂いた諸先生、陰で支えて下さった「スタッフ」の皆様のお陰と深く感謝申し上げます。

明けて平成21年は、創造力開発部会は、年初から早速活動「全子連」製作の「スマイルトレーニング・セルフコントロールメソード」の「冊子とDVD」の創作を3月までに完成させます。

そして、さらなる発展を期待します。

また、ミュージカル部会も加藤万季さんの提案を早速実行することとなり、1月から活動開始となります。さらに、「踊り部門」では加藤万季さんが推進する「NPOヒップホップ」とタイアップ「ヒップホップ世界大会」への道も開けることも考えられます。

平成21年の「NPOヒューレック研究会」は、さらなる飛躍・発展をとげる年であることを祈念いたします。

NPOヒューレック研究会 副理事長 
ミュージカル部会長 
「エジソン・アインシュタイン・クラブ」指導員
大蔵智恵子
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

明けましておめでとうございます

hu0101.jpg
あけましておめでとうございます。昨年は多くの皆様のご協力により無事公演をすることができました。深く感謝申し上げます。

昨年、アメリカから発した金融危機は世界に広がり、私たちの住む日本にも大きな打撃を受けました。社会が不安定となり未来に夢や希望が持てなくなっています。今私たちには変革が求められております。内閣府は19年6月にイノベーション25を発表しました。

イノベーション25は、2025年までに、豊かで希望に溢れる日本の未来をどのように実現していくか、そのための研究開発、社会制度の改革、人材の育成等短期、中長期にわたって取り組むべき政策を示したものである。

イノベーションとは、技術の革新にとどまらず、これまでとは全く違った新たな考え方、仕組みを取り入れて、新たな価値を生み出し、社会的に大きな変化を起こすことである。このためには、従来の発想、仕組みの延長線上での取組では不十分であるとともに、基盤となる人の能力が最大限に発揮できる環境づくりが最も大切であるといっても過言ではない。そして、政府の取組のみならず、民間部門の取組、さらには国民一人ひとりの価値観の大転換も必要となる。

16年目を迎えるヒューレックは今年イノベーションをテーマに進めて行きたいと考えております。今までヒューレックが進めてきた考えをさらに前進させ、人の能力を最大限に発揮できるように、人材の育成や創造性開発にはさらに力を入れイノベーションを起こしたいと思います。皆様のご参加をお願い申し上げます。

NPO法人ヒューレック研究会
会長  棚橋 正光
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif