FC2ブログ

NPO法人ヒューレック研究会

NPO法人ヒューレック研究会のblogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

「誰もが成功できる極意」(No35)

木下 将太さん 飯島 渉さんのプロフィール(11.12)
「恕の心を新しい目標に」

1.村岡清佳さんとのご縁
  木下さん・飯島さん、とNPOヒューレック研究会のご縁は、村岡清佳さんがきっかけ作りでした。
  今春のお花見で、村岡さんの友人と、木下さんの友人が初顔合わせで、木下・村岡両人のご縁ができました。
  次ぎが、バーベキュー大会で、また顔合わせ、そこで、木下さんが「ギター奏者」であることを知った村岡さんが、9月の練習日の午後3時に木下さんに電話で、「ミュージカルの参加」を要請したところ、即決で、当日の夜の練習に、コンビの「ギター奏者」飯島さんと、一緒に参加されました。
 「西田実行委員長」のモットー「クイックリスポンス」の見本のような、ご縁で「ミュージカル」との絆ができました。
2.2人は盟友・名コンビ
 木下さんと、飯島さんは、中学・高校が同じ学校で、「軽音楽部」で一緒に演奏活動を続け、そこで、2人はギターを担当、大学は、別々でしたが、楽団は一緒今日まで、16年間、コンビを組み、まさに盟友関係を継続しているそうです。
3.ビックリ!!新発見の連続
  ミュージカルの練習に参加して、先ずビックリしたのが、自分の祖父・祖母のような大先輩が、若々しく、生き生きと、活動されておられることに、感銘をうけたそうです。
  加藤万季プロデューサーが「楽しくやりましょう。間違ってもいいから堂々と」と言うと、大先輩が「台本にないアドリブ」で、「音吐朗々、堂々と」演じる姿に敬服したそうです。
 また「新発見」も沢山あり、「学校・会社」では得られない沢山の「ノウハウ」を身につけたそうです。
  それは、指導する先生方が、個々の参加者の特性を見抜き「指導」するのではなく、「持ち味を引き出し『育成』する」ことだったそうです。
  「歌唱指導」のカサノボー先生は、「楽譜」に拘らず「その人」「そのグルー」
が表現できるように「楽譜を修正」するのには、「伴奏のギター奏者」としては
とまどいもありましたが、そうすると「演者が伸び伸び」と持ち味を発揮するこ
とを学んだそうです。
 振り付けの「美木マサオ先生」も同様、「グループ全体と各人の特性」を掴み
その持ち味を引き出す。この育成力には、「振り付け」の考え方に、このよう
なものがあるのかということを学んだそうです。
 そして、赤澤勇司先生の指導も、すでに、長いこと指導されているとのことで、
出演者個々の特性を全て掴んで、指導される姿には、「人を育てる喜び」これが
なくては、と感銘を受けたそうです。
そして、これら3先生の指導を、「加藤万季プロデューサー」と「浜みか実行委員」は、すべて頭に入れ先生不在時の「全ての稽古」を廻して行かれるのには、このお二人があってこそ「手創りミュージカルの創造」ができることを学んだそうです。
4.来年も参加・お手伝いできれば
 村岡さんとのご縁で「ミュージカルの伴奏参加」のつもりが、いつの間にか「役」までつき、出演でき、さらに沢山の「学び」を得たこと感謝しておられるそうです。
 そして、来年も参加したい。飯島さんは「作曲」もされるので、お手伝いできればという気持ちだそうです。
 そして、「ギター演奏」で、聴衆に楽しんで頂くことの上に「恕の心」である、「人に喜んでもらうことを、自分の喜びとしよう」と、お二人ともこの機会に具体的に実感されたそうです。
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hurec.blog106.fc2.com/tb.php/910-30173028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。