FC2ブログ

NPO法人ヒューレック研究会

NPO法人ヒューレック研究会のblogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

ミュージカル公演盛況裡に幕(No。3)

バリアフリーで人生が変る(11.16)
司会の西田実行委員長が「香瑠鼓先生」を紹介するに当たり、昨年の先生の「ハグダンス」に感動して、涙を流したと披露しました。
「香瑠鼓先生」のお話
1.毎回盛り上がってきている。男性が優しくなってきている。
  今回で、4回目になりますか、最初の頃は「ハグ」をするのが苦手といいますか、企業の役職者が多いことで、お年を召した男性は、「ハグ」に抵抗があるように見受けられました。
  毎年理解される方が増え、今年は、全員の方が積極的に参加され、男性が優しくなったなぁーという感じがあります。
2.バリアフリーライブ!のご案内
  ご案内ですが、1月8日9日バリアフリー・ライブをします。
  出演者に「生井祥子さん」がでられます。
  (ウワー・・ウワーの歓声と拍手。「ヘーどうなってるの???」「応援にいかなくちゃー」)
3.生井祥子さんの潜在能力は驚くべきもの
  生井さんが、「障害児のバリアフリーを見学にこられ、明日レッスンがあるから」と誘ったところ、練習にこられました。
  小学生時代以来「踊ったことがない」といわれ、ところが、60歳で、うちの練習にこられ、改めて始めて踊ったところ、余りの素晴らしさにビックリしまし
た。
イメージの世界で踊られて「スケートの選手のように片足立ちで、2回転のスピンをしたのです。」(「ヘェー・・・」「凄い!!」の歓声)
また、反り返って手を上げ「空を見上げる」のですが、見事なできでした。
「人間ってわからないもの、小学校以来踊ったことない」といわれていても、潜在能力に素晴らしいものをもっておられる。(「来年は、踊って頂こう」「見てみたい」の声)
4.加藤万季さんの事例紹介
  加藤万季さんの、事例紹介をしてもいいかしら。
  加藤万季さんの話
  若い頃障害がありました。「癲癇症」で「発達障害」、そして「言語障害」で「どもり」もあり、20代の頃会社で仕事をしていても、過度の緊張で、直ぐ障害が出てきて「トイレ」に這って行くこともありました。
  そこで、「コミュニケーション能力」も阻害され、悪循環が重なりました。
 その時、巡り会ったのが「香瑠鼓先生」で、先生のトレーニングを続けるうちに、徐々に回復し、今日に至ったわけです。
 (凄い!信じられない!加藤万季さんは、演劇のプロの道を順調に歩いてきたのかと思ったとの声。)
 今振り返ると「こうあるべきだ」「人に迷惑かけてはいけない」と、「人の目を気にしながら」自分を責めていたようです。
 「香瑠鼓先生」のレッスンを受けるようになってから、「思った通り表現していいのですよ」「好きな通りやりなさい」これをくりかえしていると、普段の生活も、「思った通り」「好きな通り」と自然に日常生活が変わってきました。
 そして、現在の私があるのです。
 (人の人生は、聞いてみないとわからない。との声。)、
  

To Page Top いつもランキングご協力嬉しいです♪banner_04.gif

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hurec.blog106.fc2.com/tb.php/913-5718515a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。